topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤野スペシャルツアー - 2013.05.26 Sun

思い起こせばかれこれ一年ほど前のこと
中央線の藤野駅近辺の温泉にしょっちゅう母を連れて行く際
途中に「直子の台所」という
一軒の韓国料理屋さんを見つけました

どういうわけかそのお店はそんな山の中にも関わらず
いつも混み合っておりました。
興味はわいたものの風呂に行く格好(スッピンの普段着)で
立ち寄れるわけもなくいつも素通りでした。
そんな時おなじくウィペットを飼われてるロンママさんのブログで偶然
「直子の台所」の記事をお見かけし
益々興味がわいたものの
その際にロンママさんが散策されたというピクニックコースが
アコを走らせるのにモッテコイのロケーションに見え俄然
「藤野散策した~い!」気持ちに拍車がかかりました
その後ロンママさんとお会いした際「あの広場はどこから入るのでしょう?」
とお聞きすると「ではご案内しましょう」と言って頂き感激する飼い主をよそ目に
初のお兄さんウィのロン君とのランに完璧にビビってラン内のベンチ下から出てこなくなってしまったアコ

次回再度ご一緒させていただいて
アコがどのような反応をするのかも
心配でしたが
ようやくそのお約束が実現したのがほんの二週間前

すっかり図々しくなってしまったアコは
ロン君にビビるどころか
追いかけるは飛びかかるは
散々失礼な態度でロンくんはアコにヘキヘキ?(~_~;)


130512_134732.jpg
ロン君はブルーグレーの綺麗な柄でアコと違ってとっても繊細な青年(#^.^#)

078_convert_20130526185950.jpg

130512_134343.jpg
「やれやれ去年会った時はもっとオドオドしてて可愛げがあったのに」
ってロン君の背中が物語っている?^^;


054_convert_20130526185913.jpg
実際来て益々気に入ってしまった広場


そんなアコではありましたが
念願の広場はやっぱり思っていたとおりの気持ちよい場所で
アコも我々も山歩きもロン君とのランも
とっても満喫出来ました。

直子の台所は
本当に素敵なお店で
新緑の中でマイナスイオンをたっぷり吸いながら
美味しいお料理をお腹いっぱい戴きました(#^.^#)

散策の後に連れて行っていただいたお店も
神奈川県とは思えないほど雰囲気のある
素敵なお店で美味しいお菓子とドリンク
楽しいおしゃべりを楽しみました

securedownload1_convert_20130526190213.jpg

securedownload2.jpg
当日カメラを忘れお言葉に甘えて写真はほとんどロンパパさんに頂いたものを使わせて頂きました
中でも最後のこの写真が一番の私のお気に入り!
ロンパパさん素敵な写真を本当にありがとうございましたm(_ _)m

ロン家の皆様
お忙しい中お付き合い頂き
素敵な休日をありがとうございましたm(_ _)m

あれから一年、あれから八年 - 2013.04.15 Mon

今から丁度一年前
それぞれのファミリーの元に巣立って行った
生後4ヶ月の仔犬達の初の同胎会が開かれ
母さんのアビーとも再会を果たしたやんちゃ坊主たちとお転婆娘たち
1.jpg

このころはまだパピパピしていて
ピョンコピョンコ跳ねながら所狭しと駆け回っていました
アビー母さんも仔犬達が心配でハラハラドキドキ

あれからはや一年

この一年間
本当に色々な事がありました
思いがけずお兄ちゃんと再会する事が出来たり
同時に優しいお姉ちゃんが出来たり
DSC01651_convert_20121226152936.jpg
誕生会に駆けつけてくれた仲良しのケリーちゃんとハル君


怪我したり去勢や避妊で手術もしました
そして折角できたお姉ちゃんのケリーちゃんとの悲しいお別れも経験しました
愛犬を亡くす悲しみには免疫はできませんね?
いまだに石松の時とだぶってしまい
涙がこみあげてきていつも気の利いたコメントは出来ない私です(@_@。
2012-10-20T07-57-37_37_convert_20130413193155.jpg
       俊足を披露してくれたケリーちゃん

でもでも今年の同胎会では新しい仲間が!
なんとハルくんに可愛い妹が出来ました!
CIMG1824_convert_20130406204252.jpg
            お名前はドナちゃん
         とってもキュートな美人さんです!
みんなこの可愛い新入りさんに興味津々
でも誰もこのあどけない御嬢さんに手荒な歓迎をしたりせずに
遠巻きに見守っている感じでした。
(お兄ちゃんのハル君が「うちの妹に指一本触れさせないぞ!」
とがっちりガードしていた省という噂もありますが^m^)
そんな優しいこの兄弟達がとても愛おしかったです by 叔母



そういえばJJママが「アビー母さん小さくなった?」
と言っていましたが
いえいえ仔犬達が大きくなったのでした(^^)

オリーブは去年未亡人になったアビー母さんに
柄までそっくりに!
CIMG1785_convert_20130406204136.jpg
      奥がアビー母さん手前がオリーブです

お兄ちゃんのハルくんとアビー母さんは
なんと8年ぶりの再会!
凛々しく成長したハルくんに
アビー母さんも感無量でしょう
「こんなに立派に大きくなって!(T_T)」みたいな?
CIMG1684_convert_20130406204842.jpg
 ハルくん「母さんはこんなにちっちゃかったんだ?^_^;」

最後に集合写真を撮りたかったのですが
七頭もいるとま~ちょっと無理ですね?
でもみんな元気でそれぞれのおうちで大事にされていて何よりです。
こんな風に仔犬たちの成長をお互い確認できるのって本当に幸せな事ですね

   みなさまお忙しい中いつもありがとうございます。CIMG2021_convert_20130406204326.jpg
  全員(アビー以外)がこっちを向いてる唯一の写真^_^;

四月の初め台風の様な天気になる直前の午前中
舞い散る桜吹雪の中 また今年も無事に兄弟姉妹が集まる事ができました(*^_^*)



アコ日記~首輪・リード編~ & アコと高取山に登ってきた! - 2013.03.12 Tue

アコが我が家に来るちょっと前
以前勤めていた会社の社長や同僚や
そこからつながった友人達と大山登山に行きました。

すっかり登山の魅力に取りつかれて
その後夫と二人で金時山にも登りましたが

アコを飼うと決めたからには
石松の時に守りきれなかった「犬の十戒」を
今回は精一杯守ろうと
夫か私が休みの時は必ずどちらかがアコと過ごすと
決めていました。

あんなに元気印のアコなんだから
一緒に登ればいいじゃん
と思われるかも知れませんが

アコの引っ張り癖がなかなか直らず
到底登山に同行させるなどとは想像もつかない状態でした。

そこで餌の事などをいつも詳しく私に教えてくださる
ウィペットのオーナーさんにアコの引っ張り癖をご相談したところ
ハーネスとロングリードを勧められました。

すぐに注文して到着するや否や装着させ
外に連れ出しましたが
家を出た瞬間に
「これはいい!」と感じました。

あのアコがほとんど引っ張らないのです。
もちろん小鳥や猫を見かけては
突然突っ走るのでまだまだ練習が必要ですが

人や自転車、車の来るところでは短めに持ち
それ以外ではある程度たるませて
自由に草の匂いなどを嗅がせて歩かせました。

常にアトヘ(脚側歩行)をしてなくてもいいと言うのも
私には目から鱗で
それからはアコと散歩する事が本当に楽しくなりました。

アコも生き生きとしていて
見ているだけでこちらもニコニコしてしまいます。
アコには首を引っ張られる事が
かなりのストレスだったようです。

アコの母犬アビーも昔の躾で育てられていたので
母が連れて歩いてもきちんと脚側歩行をしていましたが
アビーにもハーネスとロングリードをプレゼントすると

アビーが別人(?)の様に
草むらなどにグングン入っては
洋服を草だらけにして戻ってくる

母も「あの子、あんな子だったかしらねぇ?」
と笑っていました。

というわけで前置きが相当長くなりましたが
アコと登山に挑戦してきました~ヽ(^o^)丿
伊勢原の高取山という小柄な山ですが
お天気に恵まれ
とっても気持ちよかったです!

550044_462697823798665_1231205838_n_convert_20130312114858.jpg
          登山のベテランメンバーに囲まれ安心して登れました
      でもメンバーのほとんどが花粉症という異様なマスク集団アコも最初ビビってたみたい^_^;


482464_462697857131995_1997399681_n_convert_20130312114815.jpg
友人の娘さんのМちゃん 富士山の登頂も果たした立派なクライマー アコの面倒を見てくれて助かった~ヽ(^o^)丿
Мちゃん本当にどうもありがとう~❤)^o^(


479877_460152650721491_1134225755_n_convert_20130312114655.jpg
                        自然に囲まれて幸せな時間

625441_460152564054833_1243190960_n_convert_20130312130404.jpg
 こんな倒木もあったりして危険危険!アコパパの出番だぜ!<`ヘ´>


417664_462697793798668_26922434_n_convert_20130312114630.jpg
思いのほか険しい箇所もあったものの無事に山頂に到着(*^_^*) 皆さんありがとうございました!<(_ _)>
アコと登山出来たなんてホント感無量です!(@_@。




しかし脚側歩行は
愛犬の安全の為には必要不可欠なので
練習は常に続けなくてはなりませんから
アトヘをさせた時に常にトリーツをあげるようにしています
(飼い主の左側に来るといい事があるというイメージ作り)
それをしばらく続けていると
アコなどは
小腹がすくとアトヘをしに来ますが
お腹が足りるとまたどこかへ走りに行きます。

この様にしておくと
いざと言う時アトヘがきちんと出来るそうです。
二年位を目安に考えればいいらしいのですが

オフリーシュの時にでも
「アトヘ」と声をかえると
すっ飛んできて左横に座るので
ほぼ出来ているかもしれません。

しかしこれは他のワンちゃんのいる
ドッグランなどでは全く意味をなさないので
(わかっているから敢えてやりません(^_^;))
やはり二年を目安にのんびりじっくり練習していこうと思います。(*^^)v

ウィーな女子会 - 2013.02.15 Fri

去年の暮れ頃
定時になり帰宅しようと職場を出ると
目の前を一頭のウィ~が通り過ぎようとしているではありませんか!

自宅周辺も職場周辺も
普通に歩いていてウィーを見かける事なんて
一度だってありませんでしたから
気付いたら大声で叫びながら近寄っていました(^_^;)

おとなしくママさんの隣をお利口に歩く
一歳半の女の子のクラールちゃん

クラールママさんも気さくな方で
それからちょこちょこお見かけする度に
走り寄る私にいつもニコニコ応対してくださいました(*^_^*)

クラールちゃんは箱入り娘ちゃんで
ウィーと走った経験が無いとお聞きし
思わず「アコの走り友達になってください!」と
お願いしてそれからは
綾瀬のプルミエさんで何度かご一緒頂いております。

クラールちゃんはとっても
可愛くて女の子らしい優しい子で
アコのスペシャルにひつこい誘いにも
毎回応じてくれて
どんなに疲れていようと
ちゃんとアコを追いかけてくれます^m^

初めてご一緒させていただいた時は
帰宅してから一日半くらいアコが伸びきっていました(^_^;)

先月にはオリーブも誘って
ピチピチギャル三頭での爆走となり

一時間でしたが本当にいい運動になりました


DSC01726_convert_20130215130426.jpg
           まずはいつものオリーブとのガウガウから(~_~;)

DSC01748_convert_20130215130504.jpg
          クラールちゃんとオリーブの追っかけっこ

DSC01755_convert_20130215130621.jpg
              「オリーブちゃ~ん!待ってよ~」
              「いや~よ~!ウフフフ❤」的な?


DSC01760_convert_20130215130654.jpg
            「きゃ~!」「うふふふ!」「あははは!」的な?

DSC01761_convert_20130215130729.jpg
             アコ「やっほ~い!女子会最高!」

DSC01762_convert_20130215130759.jpg
   クラールちゃん「アコちゃんはちょっと乱暴者だけど女子会楽しいかも?」
  ・・・と思っていてくれる事を祈りながら今後もよろしくお願いします(^^ゞ

アコ日記 ~餌編~ - 2013.01.22 Tue


私は4年前までゴールデンを飼っていましたが
去年からウィペットを飼いだしました。(今更何を?)

石松が犬にしては温厚なのは薄々気づいてはいましたが
同じ犬類とは言え
アコと暮らしていますと
明らかに石松とは
いえいえ今まで実家で飼ったどの犬とも
何もかも違います。
とにかく
動きからスピード、反応など
違う所だらけです。

山公園に連れて行って放すと
最初から最後までほとんど走っています。
一歳を過ぎてようやく止まる事を覚えて来たくらいです。
公園の小山を駆け登ったかと思えば
直カリで駆け下りてくる様は
さながらスキーのウェーデルン

ドッグランに連れて行けば
他犬種にチョッカイを出しては
苛つかせて追いかけさせ「待っていました!」とばかりに
ジャンプしながらターンを描き逃げ回ります。

DSC01549_convert_20130122140803.jpg


それらを見ているとどうしたって
「この子に普通のドッグフードでいいわけがないよね~」
と思えてきました。
でも完全共働きの我が家
手作りはしんどいし家計にもきつい~と
せめてもと、高たんぱくのドライフードに変えてみました。
しかし
我が家に来た当初から食の細いアコ
同胎のオリーブの多分半分も食べてなかったと思います。
ドッグフードを高たんぱくのタイプに変えてからはほとんど口をつけなくなりました。
それでも公園やランに行けば
阿呆の様に走りまくる。

DSC01553_convert_20130122140953.jpg

これは困ったと
とうとう禁断の手作り食の扉をたたく羽目に・・・。
手作り食となると
コストと手間をとにかく省かなければ続けられません

幸い伊勢原は大して寒くは無いので
馬肉などには手を出さず
(いいのは分かっていても手が出ませんし
イギリスには馬肉食の伝統がないので(ウィペットの原産国はイギリスです)
多分ウィペットは、普通に日本のスーパーで買える種類のお肉、
それも内臓や端っこの余り肉に、シチューのお汁や野菜を食べていたみたい)
という我が家に都合のいい話も漏れ聞いていたので
牛と鶏に絞りました。
豚は胃酸の強いと言われる犬でも
さすがに要加熱らしく
加熱したものを時々あげることにしました。

牛肉に安いのなんてあんのか~?
と思われるでしょうが
コストコの牛挽きはなんとg72円
近所の牧場で売っている牛筋はg78円
あと鶏肉は
生では食べなかったので
手羽(スペアリブという細いの)と
ささみを軽く表面だけ火を通してぬめぬめ感を取ってから与えました。

DSC01556_convert_20130122141051.jpg

肉の次に必要なのは骨で
カルシウム不足だと、自分の骨格から補おうとするようです。
(そうすると、長期的には骨粗鬆症になる可能性があるんでしょうね。)


鶏肉の骨は犬にはご法度と聞かされてきましたが
それは加熱(骨までしっかり)された場合で
日本のスーパーで売られているようなブロイラー鶏は
生ならそれほど神経質にならなくてもいいのだそうです。
ただガラは若鳥の物ではないことが多く
骨が硬くなるまで育ってしまっているので
生でも危険なのだそうです。

幸い牛の骨は牧場隣接のお肉やさんで
犬用に80円ほどで売ってくれています。
少しですが肉も付いています^m^
骨付きの塊肉をあげる方法だと
生肉は犬が脚を踏ん張って引きちぎって食べるので、
全身運動で足腰が強くなる、顎が強くなる、歯が磨かれて健康を保てるから、
(歯槽膿漏から始まる病気って、結構あるらしいんです。)
そういう意味でも生食はいいのだそうです。
さすがにそこまでの塊肉はあげたことがありませんが
牧場で買う骨付き肉(いや肉付き骨といった方が(^_^;))でも
結構食べるのに必死で骨から肉をはがしています。
よく、いろんな種類の肉を食べるようにと言われていますが、
私がよく読むdog actuallyの京子アルシャーさんが言うには
様々な動物という意味ではなくて、
いろんな部位を食べることが大事だそうです。

DSC01558_convert_20130122153436.jpg

一番いいのは、出てくるモノを見ることで、小さくて蹴られる固さが理想だそうです。

餌のバランスは肉(骨付き)が8割
野菜やごはん、パスタなどが残りの2割で
ここでうっかり忘れがちなのがレバーです

http://www.dogactually.net/blog/2009/02/2-77d9.html

そこでいそいそとレバーブラウニーなる
レバーをつかった小麦のお菓子を焼いてみたものの
アコの食いつきとは真逆にすぐお腹を壊してしまったので
しばらくは手作り食に慣れるまでレバーは中止しました
しかしその後レバーの復活をうっかり忘れていた矢先
食糞されてしまいまいた。
食糞もレバー不足(ビタミンB不足)が要因の可能性があると
聞いていたので(糞も手当たり次第ではなく選んで食べていたので)
                 ↑
          観察してないでやめさせろよ~って感じですが
            大げさにすると余計執着するのだとか

慌ててレバーをまた再開したところ
1週間ほどで食糞はおさまりました。

それとこれまた忘れがちな塩分ですが
鶏ガラでスープを取り
それに塩を適量足して
冷ましたものを製氷皿で凍らせ
手羽などを軽く炒める時に
キューブ状の氷スープを一ついれ
蓋をするといい感じに蒸されて味がつくようで喜んで食べます

亜鉛だけは牡蠣などでは補えなきれないのでサプリを与えています
http://www.dogactually.net/blog/2009/12/post-54da.html

それからたまに生卵やゴマ(粉状)、するめを食べさせたりしています。
お陰であの食の細かったアコが
今ではほぼ毎回完食してくれます。

とはいえ生肉は三日で食べなくなったので
結局今は半生食と言ったところでしょうか
徐々に生を増やして様子を見て行くつもりです。

一番うれしかったのは
始めて2ヶ月ほどで気になっていた目やにが出なくなったことです。
これは生食を勧めてくれた人も言っていたので期待していました

う〇ちも少量でコロコロしていていいみたいです。

でもアコが骨をカリポリするのが面白くて
ついついあげ過ぎるとう〇ちも白っぽいスカスカしたのが出てきてしまいます。
明らかに骨の取り過ぎですね((+_+))

アコはフードボウルの中身をごちゃまぜ(猫まんま状態)にすると
どういう訳かこれまた食べてくれないので
一品一品あまり混ざらないように盛り付けますが
見た目が何色にも分かれていて少々豪華に見えます。
夫には
「アコのご飯はいつもおせち料理みたいだね?(;_;)」と言われるので
あまり見せないようにしています(^_^;)

DSC01640_convert_20130122141752.jpg
どなた様か存じませんが小型犬エリアからとても優しい表情でアコに接してくださったので無断で載せてしまいました

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

森のアコ松

Author:森のアコ松
ご覧いただき誠にありがとうございます<(_ _)>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

アコ (20)
Siblings (32)
石松 (63)
WANZ&NYANZ (14)
旅行 (11)
気功セラピー (1)
よかもの (4)
うまかもの (9)
よかトコ (25)
お気に入り動画 (14)
Movie (5)
くるま (5)
未分類 (18)

プチ月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。