FC2ブログ
topimage

2019-09

2009年1月25日 - 2009.01.25 Sun

1月25日
am 3:05

石松は永眠しました。
家族に愛され
皆様に愛され

石松は本当に幸せでした。
本当にありがとうございました。


ありがとう 石松

愛してます

いつまでも 一緒だよ


1月24日 - 2009.01.24 Sat

今日の石松




昨日 朝起きると

石松 ちょっとよくないな、

と 夫が言うので

松を見ると

ぐったりした様子で

顔も動かせないほど・・・

庭で立つこともままならなかったそうで

昨日からたった一日で?

と 目を疑うも

私は仕事だったので

慌てて松に

「松!六時半まで待ってて!」

と思わず言ってしまい

あ、勝手なこと言ってるな

と思い直し、 夫に

「もし苦しむようなら 先生にきてもらって
私がいなくても楽にしてあげてね?」

と頼み、松には

「愛してるよ!会えてよかった!絶対忘れない!」

とだけ言い残し 家を後にしましたが

職場でも 私の方が 胸が苦しく 息がうまく出来ない様な状態で

夕方 上司に その旨を伝えると

「それで元気無かったんだ。 今にも泣きそうな目してるし」

と・・・

平常を装っていたつもりなのに・・・

結局 石松は 私の無理なお願いを

きいて待っていてくれ、 

私が半べそで帰って来てから夜中まで

私の反省やら後悔やら懺悔やらお礼やらを

さんざん聞かされ

動けないから仕方なくなのか

黙ってじっと心配そうな顔で私を見ていました。



医師曰く

「犬は人間の四倍の速さで生きています。
(年齢でスピードが違うようですが)
犬の一日は 人間の四日と心得てください」

と言う事です。

それでも 昨日あんな衰弱していた松が

今日も頑張って生きていてくれてます。

あれから四日も経っている計算になるのに・・・


今日は夫が仕事でいないので

石松は今日も私の懺悔を

黙って聞いてくれています。

1月18日 - 2009.01.18 Sun

今日の石松






今朝 石松を庭に出すと

おしっこをたっぷりしてから

めずらしく 門の前に行き

「開けろ」

と言わんばかりに こちらを見るので

門を開けると

何故か車の横にトボトボと

おぼつかない足取りで歩いていき

車に乗りたそうな様子で

じっとこちらを見ています。

「松、どこにも行かないよ?」

と 声をかけるも

まったくそこから 動こうとせず

そんなに乗りたいのならと

いつものトランクルームではなく

後部座席に抱えて乗せると

私は免許証も不携帯で

近所をタラタラとドライブ


畑のどまんなかで又抱きかかえて下ろし

少しオシッコをすると

又 「乗せろ」の目をするので

乗せて家に帰り 門の中に入れると

すぐさま門の前に行き

同じ行動の繰り返し。


覚悟を決めて

免許証を取り

今度は家から15分ほどの公園へ


公園の駐車場で 少量のおしっこをするも

二三歩歩いてじっとしているだけ

犬好きのおじいさんに

頭をなでられて

満足すると

また 「乗せろ」の目・・・


車中では景色を見るでもなく

寝ているのですが

念願の後部座席に乗れたのが

大満足の様子の石松くんでした。

1月17日 - 2009.01.17 Sat

今日の石松




悩んだ末に

通い始めた日帰り点滴入院で

少し笹身や牛肉を食べてくれたのに味を占め


その後も欲を出して

嫌がる松を

毎日病院へ連れて行っては

朝から夕方まで点滴してもらいましたが


獣医師や我々の思うような結果が出ず

結局その後は何日も何も食べてくれず


スポイトでアイスや豆乳

流動食を飲ませてはいましたが

今朝 栄養不足による血便が少し出たので


夫と相談し

点滴半日入院は今日で終わりにしてもらうことにしました。


獣医師も

 思うような結果が出ないので

 もうご家族の傍にいさせてあげたほうが

 いいかもしれません。


と同意してくれたので

明日からは朝から晩まで

我が家で好きなだけ

のんびりゆっくり寝てもらえる事になりました。


治療を始めるのも

終わりにするのも

これでよかった とは

言い切れませんが


終わりを決めた以上

残りの時間を

なるべく長く石松と一緒に

家族で過ごしたいと思っています。

1月12日 - 2009.01.12 Mon

昨日の石松




この所の石松は

食欲も まったく無く

トイレに起きる気力も無くなり

もうこのまま逝ってしまうのかと

横浜の実家から母にも

お別れに来てもらったりと

私たち家族を悲しませていました。


最後の頼みの綱は

日帰りの点滴で、

うちで寝ているのが何より大好きな石松には

半日の入院もさせたくなかったのですが

医師と相談の上


最後の治療として

駄目もとで三日だけ

半日入院させ点滴を打ってもらうことにしました。


そして今日がその三日目

今しがた

半ばあきらめ半分で

肉を三切れほど焼き

石松の口元に差し出すと

なんとほぼ一週間ぶりに

元気よく食べてくれたのです!


もちろん延命処置などは

したくありませんし

半日入院も

石松に聞けば

「嫌だね!」

と答えるに違いありませんが

夫婦で考えた末に

医師とも相談し

預けた後も これでいいのか 分からずにいましたが

やはり 食べてくれると

涙が出るほど嬉しいのも事実です。

飼い主のエゴかも、という思いは拭い切れませんが・・・。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

森のアコ松

Author:森のアコ松
ご覧いただき誠にありがとうございます<(_ _)>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

アコ (20)
Siblings (32)
石松 (63)
WANZ&NYANZ (14)
旅行 (11)
気功セラピー (1)
よかもの (4)
うまかもの (9)
よかトコ (25)
お気に入り動画 (14)
Movie (5)
くるま (5)
未分類 (18)

プチ月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR