topimage

2008-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脾臓摘出手術決定 - 2008.03.27 Thu




本日、例の脾臓の影を再検査してもらうために
主人と石松を病院に連れて行きました。

(お腹の毛をバリカンでソリソリされて)
超音波で見た限り大きさに変化はありませんでしたが

獣医師曰く

 「ゴールデンの脾臓の癌は可能性が高いので
 やはり摘出をお勧めします。

 ただ年齢的な事を考えるとこのまま様子を見る手もありますが・・・」

 
大きさに変化が無くても悪性だった場合
血液を造る臓器である脾臓は
癌が血管を通って他へ転移しやすいのだそうで

血液検査やレントゲンを診た限りでは
健康的にも体力的にも心配は無さそう。とのことでしたので

待合室で夫と相談した結果

後で後悔したくないので
摘出してもらおうと言うことにしました。

ただ、前々から申し上げている様に石松は大のワンちゃん嫌い。

入院は最低5日、

その間にストレスで病気にでもならないか
その方が私には心配でしたが

石松の為だと
決意いたしました。

手術は4月5日

その日の晩から五日も石松がいないと思うと
今からせつなくなります。


スポンサーサイト

石松体調不良 - 2008.03.05 Wed



一昨日から実家に行っておりましたら
主人より電話で

「石松が吐いた」

とのこと。

「またタオルか靴下を飲み込んで
吐き出そうとしてるんじゃないの?」
   ↑ 一年に一度はやります^_^;

ぐらいに思っていたのですが
翌日帰宅しても石松の元気はなく
食事は与えないで様子をみたものの
夜中に胃液を嘔吐

翌々日の朝もバナナにも
ミルクにひたしたパンにも
興味示さず

これは今までに見たことの無い
元気の無さ。

便は正常なものの量が少なく
いよいよ何かつまらしたのではと
近所の評判のよい獣医へ

獣医師曰く

 1・季節の変わり目で吐く犬の来院がここ数日多いので
この子もそうかもしれません。

 2・おっしゃるとおり、何か詰まらしてるのかもしれませんが
触診したかんじあたるものはありません、が様子をみないとなんともいえません。

 3・ゴールデンに多い脾臓(ひぞう)の癌の可能性もあるので超音波で
診てみましょう

脾臓の癌は変化が少なく
ある日突然食欲が無くなり
吐き気などを起こすんだとか。

・・・そして石松の超音波の映像には脾臓のところに怪しい丸い影が・・・

まずは体調が戻るか様子を見て
それから脾臓の精密検査をすることになりました。

脾臓の手術自体は簡単で
良性でも破裂などの心配があるので
腫瘍は摘出が好ましいそうですが
石松の年齢から体力が心配だと言われました。

いよいよその時が来たのか、と
かなり悲しくなりましたが
でもこの歳まで元気でいてくれたことに
感謝しながら
まずはなんでもないことを祈ります。

ちなみに昨日注射してもらった胃薬が効いたのか
昨日は二度ほど胃液をもどしたものの
昨夕よりは嘔吐もなくなり
今朝は食欲もあり
一日半ぶりに食事をとらせましたが
控えめな量に
恨めしげな表情の石松っさんでありました。


もっとくれよ



追伸、
犬は人間と違い
お粥より
牛肉や茹でた鶏肉などの方が
消化がよいのだそうです。

12年も飼っていて初めて知りました。
お恥ずかしい限りです。
よって今朝は笹身をチンしてあげました。
今のところ
何ももどしていません。

はやく良くなってね?


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

森のアコ松

Author:森のアコ松
ご覧いただき誠にありがとうございます<(_ _)>

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

アコ (20)
Siblings (32)
石松 (63)
WANZ&NYANZ (14)
旅行 (11)
気功セラピー (1)
よかもの (4)
うまかもの (9)
よかトコ (25)
お気に入り動画 (14)
Movie (5)
くるま (5)
未分類 (18)

プチ月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。